gps発信機で安全を確保しよう|犯罪を防止する

ウーマン

盗聴発見器について

盗聴

発見器の選び方

技術の進化により盗聴器の性能も上がり、様々な種類の盗聴器が発売されているのですが、その一方で「費用」という問題がついて回ります。盗聴発見器も同様に性能の向上が激しく、千円程度の物でも工夫して使えばそれなりの盗聴器を発見できるのですが、やはり性能はよければ良いほど使いやすかったり確認できる幅が広がるというのはあり、こちらも性能と比例して値段も高くなります。ただし、ここで考える事は「一般家庭に仕掛けられる程度の盗聴器に大金を出すか」という事です。一般家庭に仕掛けて得られる情報というのはたかが知れていますし、そもそもストーカーなどが仕掛ける程度ものが多いので安価な物が多くいです。なので盗聴発見器もそれなりの性能に対応していれば十分発見する事は可能で、むしろ使い方をしっかりとマスターする事に力を賭けた方が発見率は上がります。

盗聴発見器の原理

盗聴発見器の原理というのは、言ってしまえば無線機や携帯電話と同じです。そもそも盗聴器には、本体に直接音声を記録するタイプと、有線で音声を外部に流すタイプ、そして無線方式で電波を使って外部に流すタイプがあります。過去に主流だったのは前者の二つでこれは発見器では確認できないのですが、直接音を記録するタイプは後から回収する手間が有りますし、有線方式は何らかの方式で線を偽装するなど手間が多く現在ではあまり使われていません。現在主流なのは拾った音声を電波などに変換して外部に流す物で、これは言ってしまえば無線機のマイクを仕掛けるような物です。なので、盗聴器から発する無線を第三者が確認する事も可能であり、盗聴発見器はその盗聴器から発生する電波を拾って発生位置を特定するためのアイテムなのです。